01 12月

読売新聞 大阪版 昭和58年6月7日 「窓」 稲むらの火と教科書

稲むらの火と教科書  四十年近く前の小学五年の教科書に出て来た「稲むちの火」、大阪市住吉区、五島隆春さんが書いて来て下さったその物語をつづけます。きのうは「五兵衛が稲むらに火をつけた。半鐘が鳴った。人々が山手に向けて駆け出した。だが五兵衛の目には、それが蟻の歩みのようにもどかしかった…... 続きを読む

15 11月

大阪朝日新聞  昭和21年12月23日付 「昭和南海地震津波」続報

今年で、「昭和南海地震」から70年。これから(地震があった12月21日が近づくにつれて)、メディアでも取りあげられるようになるかと思いますが、既に投稿している広川町の被害などが掲載された新聞記事以外にも、当時の和歌山県或いはその周辺の被災状況を理解して頂ける参考にということで、その続報を掲載させて頂きます。

Read More