29 1月

倫敦 「日本協会雑誌」 六之巻 第二篇

1903年5月13日に催されたロンドン「日本協会」総会の議事録から
(白岩昌和所蔵)

ロンドン 日本協会雑誌 六之巻 第二編 表紙

ロンドン 「日本協会雑誌 六之巻 第二篇」 表紙

第67回 日本協会 総会議事録

第67回 「日本協会」 総会議事録

Transactions and proceedings of the Japan Society, London, Vol.6
(1901-1904)

THE SIXTY-SEVENTH ORDINALY MEETING
(SEVENTH OF THE TWELFTH SESSION)
MAY 13TH, 1903

(Held in the Hall at 20, Hanover Square, London)

——
Mr. Arthur Diosy, F.R.G.S.(Chairman of Council, J.S.)
, took the Chair at 8:30 P. M., when a Paper, entitled “Some Striking Female Personalities In Japanese History,” was read by Mr. T. Hamaguchi.

In opening the proceedings, the Chairman said that the paper to which the audience were about to listen that evening was somewhat longer than usual, and he would therefore not detain them by saying more than a few words of introduction. The Lecturer was known to many of the Members, and well qualified to address them on the subject he had selected. Mr. Hamaguchi was B.A. of Pembroke College, Cambridge.
——-

Miss De Lorez, M.J.S.
, after thanking the Lecturer for his deeply interesting paper, quoted an Old Chinese proverb, which runs : “If we measure the hearts of others by our own, we shall not find them different,” and said that the stories of strong and gentle, heroic and pitiful Japanese women to which they had just listened, had made at least one daughter of the West wish that the Chinese proverb would prove true of Western women’s hearts where measured by those of their Japanese sisters. She hoped that she was not guilty of an impertinence when she said that the name of the evening’s lecturer interested her so keenly, that she was tempted to ask if he had the honour of being descended from or connected with a certain most unselfish and saintly man whom she had long held in special reverence. He, too, bore the name of Hamaguchi, and of him Lafcadio Hear tells a story which, perhaps, she might be permitted to repeat. This Hamaguchi belonged to a village which lay on the seashore at the front of a hill, on the top of which Hamaguchi’s own home was situated. He was the rich man of the place, and his riches consisted in the corn harvest which had just been garnered. One day a curious action of sea was witnessed.

The waves receding farther and farther away from the shore, leaving a stretch of land which had formerly been covered with water. Roused by the unusual appearance of the coast, the villagers pressed down to the edge of the waves, full of wonder and curiosity at the sight. But Hamaguchi alone knew that the sea was gathering its water together preparatory to hurling the whole mighty volume upon the land in a tidal wave. He was at the top of the hill, alone with his little grandson, and had no way of recalling them to the higher ground. To save them from the fate which he foresaw was in store for them, he sacrificed all his riches by instantly setting fire to his newly gathered corn, knowing that the blaze would attract the villagers to the high land. Seeing the flames, they rushed up the hill, and had barely reached the summit when a tidal wave broke over the land, and when it receded not a vestige of their homes remained.

The Chairman thanked Miss De Lorez for reminding the meeting of this story, and said that the lecturer was the son of the Hamaguchi of whom this story had been told.

Mr. Hamaguchi thanked the Meeting for the Vote of Thanks, which he felt he had not deserved, but that, on the contrary, he had to thank the audience for their kindness. It had been the first opportunity on which he had read a paper in English. He took their expression of appreciation as evidence of friendly feeling toward a fellow-member, and added a tribute to the work of Japan Society in cementing friendship between the two countries.

—–
第67回通常集会
(全12セッションの中の第7セッション)
1903年5月13日

(ロンドン、ハノーバー20番地のホールにて)

——
日本協会のチェアマンであるアーサーディオシィ氏が午後8時30分席につき、濱口擔氏によって“日本歴史上の顕著なる婦人”と題された論文の朗読が始まった。

講演の冒頭で、チェアマンから参加者に対して今から朗読される論文がいつもの論文よりも長い事を告げ、紹介の言葉以外に集会を引き延ばす事は無かった。講演者は既に多くのメンバーから知られている人物で、今回選ばれた題材に最も適しているとの紹介がされた。ケンブリッジのペンブロクカレッジで学士を得た濱口氏であった。

——

非常に興味深い講演者の論文に感謝した後に、日本協会のメンバーであるデロレッツ嬢が、“他人の心を自分の心で感じる事ができるなら、全ての事に共感できるはずである”と言う中国の諺を引用し、その諺の通りたった今講演者から聞いた厳かで、優しく、英雄的でもあり哀れな日本の婦人の物語に共鳴出来る西洋の女性が少なくともここに一人いるとの感想を述べた。今夜の講演者が、その名前から彼女が長く深く敬愛する他人思いで崇高な人物と関係を持っている名誉な方ではないかとの思いを堪えきれず、場にそぐわない失礼な事とは感じながらも問いかけた。講演者の名前がラフカディオ•ハーンの物語の中で語られている濱口とおそらく同じであると、その物語を紹介した。この濱口と言う人物は、海に面した村の小高い丘の頂上にある家に住んでいた。物語の濱口はトウモロコシを生産する事でその財を成した人物であった。そして、ある日彼は海の異変を目撃した。

波が岸辺からだんだん沖の方に引いて、今迄水辺であった箇所が一筋の陸地に変わっていた。ただならぬ海岸の様子に目を皿のようした村人達が、戸惑い或は探究心もあり波間に近づいて行った。しかし、濱口だけは水を溜め込んだ海が、津波として海岸に大きな壁となって今にも打ちつけようとしている事を知っていた。濱口は、小さな孫と共に高台に居たが、階下に見える者達を高台に呼び戻す事は出来なかった。彼らに迫っている運命を予見しつつも、濱口は素早く貴重な収穫し終わったトウモロコシに火を放ち、その燃え盛る火が彼らの注意を引く事で安全な高台まで誘導できると信じた。燃え盛る炎を見た村人達が丘を駆け上がって、その頂上付近迄来たところで津波が村を襲い、一戸残らず彼らの家を呑み込んでしまった。

チェアマンがデロレッツ嬢によるその物語の紹介に感謝し、講演者がその物語で語られている濱口の子息である事が伝えられた。

濱口氏にとっては、今回が初めて論文を英語で発表する機会とあって何も期待もしていなかったが、それどころか感謝の言葉に、本会の出席者の暖かい心遣いに感謝する他なかった。濱口氏には、彼らの感謝の気持ちが親愛なる一人のメンバーへの好意的な形として現れたものと受け止められ、日本協会が果たした日本とイギリスの友好関係を深める一例となった。
(白岩昌和 訳)

 -編集後記−

注釈: F.R.G.S.= Fellow of The Royal Geographical Society
       M.J.S. =  Member of The Japan Society
尚、ハーンも王立地理学会のメンバーであるとする資料もあるようだが、王立地理学会で調べてもらったところでは、ハーンがメンバーであったことが証明するものは無いとのこと。

上記は、表題の資料に記された濱口擔氏の論文“日本歴史上の顕著なる婦人”の本文の前後に書かれている同氏と梧陵翁との関係に触れた部分のみを抜粋したものです。本書は、日本協会の通常集会の議事録として書かれたようで、濱田康三郎氏が書かれた“濱口大明神縁起”の様な当時の詳しい事は記されていません。従って、濱田氏自身或は他の日本人が同席して当時の詳細が伝えられた様に思える。また、海外の事情ということでは、村人を救う為に燃やしたのは、稲ではなく、トウモロコシと記されているのも特筆すべきことかも知れない。

本書の巻末にある資料には、当時のロンドンの日本協会の会長(プレジデント)として林董氏の名前が記されています。参考として、同氏は梧陵翁にも関係の深い佐藤泰然氏の実子(松本良順の実弟)でもあります。また、梧陵翁と同じ逓信大臣としても活躍された事に、個人的に何かの縁を感じるものです。同氏の実子が、福沢諭吉翁の娘と結婚されたと言う事、濱口擔氏のケンブリッジでの学友で親しかった岩﨑小弥太氏とも孫の関係で姻戚関係にあったことも興味深いことでもある。