07 12月

読売新聞 昭和58年5月26日 夕刊   「東北に大地震」

津波、火災、各地で発生 死者、不明42人に 秋田重油タンクも炎上  二十六日正午ごろ、秋田県沖で大きな地震が発生、秋田市や青森県むつ市で震度5の強震を記録したほか、東北地方各地でも、中、弱震を感じた。気象庁は、北海道から山陰にかけての日本海沿岸に大津波警報を発令。警察庁、自治省消防庁も、それぞれ「秋田沖地震津波災害対策本部」を設置、被害状況の把握に乗り出した。午後一時、警察庁に入った報告では、秋田県・男鹿半島で、遠足の小学生が津波に襲われて一人死亡、十三人が行方不明。秋田市の東北電力秋田火力発電所など三か所で火災が発生、青森・新潟でも石油コンビナートのパイブが破裂して油が流出するなど、被害が続出している。また、青森県浦村の十三潟河口付近で釣り人八人が不明、鯵ケ沢村でも堤防の護岸工事中の作業員二人が波にさらわれ死亡しており、同一時半現在、死者・不明は計四十二人にのぼった。(関連記事14、15面に) M7.7 秋田震度5  30年ぶり大津波警報 ... 続きを読む