31 5月

ようこそ!カンボジアセンターへ「9.最後にちょっといい話」

タイの盤谷日本人商工会議所・所報(2007年8月号)にカンボジア日本人材開発センター(CJCC)のチーフアドバイザー中村三樹男さん(現在は、カイロの大エジプト博物館保存修復センター)が書かれた「ようこそ!カンボジア日本センターへ」の最後に「9.最後にちよっといい話」がありますので転載します。 「9.最後にちよっといい話」 タイやインドネシアなどに甚大な被害を及ぼしたスマトラ沖の大地震とインド洋津波については未だ記憶に新しいところですが、その地震のあった直後にCJCCの若い現地職員に、1854年(安政元年)に和歌山県(紀伊)広村で実際に起きた地震に大津波の襲来を察知して、庄屋の濱口五兵衛が山上の自分の田んぼに干してある稲むらに火をつけて村人を山上に誘導し村人の命を救ったと言う美談を話しました。 この話はラフカデイオ・ハ-ン(小泉八雲)が1897年にロンドンとボストンから出版した「仏の畠の落穂Gleanings in Buddha一Fields」の「生ける神様A... 続きを読む